ビジネスを有利に進めている人はバーチャルオフィスを使っている

サイトマップ
レンタルスペース

バーチャルオフィスで節約しよう

クリーンな会議室

どんなに小さなオフィスであっても賃料は高く付いてしまうのが、都会に拠点を持つ会社の運命かもしれません。しかしバーチャルオフィスを使って行くことで、会社の運営費はかなり節約になることは間違いありません。
例えば都会にオフィスを持てば、人数分の広さの賃料がかかり、光熱費も必要となって、1ヶ月に必要な金額は多額に上ることは想像がつきます。
しかしバーチャルオフィスなら、都会の一等地に借りる場合、入会費など初期費用が0~1万円、月額で1万円以下という激安な価格で利用できます。場所によっては月々3,000円以内で使い放題というところもあるから、従来のオフィスを拠点にするという考えからすれば信じられない金額です。
何より一等地のそんなサービスでも、高額にならないというのも魅力的なところです。すでに会社はリモートワークが主流で、会議もネットで行っている場合には、時々の会合をバーチャルオフィスで済ませるというのは理にかなう戦法になります。
しかもオフィスの賃貸料のみならず、社員の数だけ通勤費用まで節約になるし、たまにしかバーチャルオフィスを使わないなら、通勤のストレスも減らせることに繋がっています。健全で節約志向な会社運営を目指しているならば、このサービスはすぐに使ってみて損はないと言えるでしょう。

バーチャルオフィスはオプションサービスが便利

会社所在地として住所を登録するために利用されるバーチャルオフィスですが、最近は住所の利用だけでなく付帯サービスにも力が入れられています。一昔前のバーチャルオフィスといえば文字通り書類上だけの存在でしたが、近年は頼れるビジネスパートナーとして魅力あふれるサービスが提供されています。
バーチャルオフィスでよくあるのが電話取次サービスや郵便物転送サービスなど会社の窓口として利用できるサービスです。会社住所としてバーチャルオフィスの住所を公表しているとその住所宛に郵便物が送られてきます。契約者あてに送られてきた郵便物を転送してもらえば大切な書類も届くので安心です。電話番号も携帯番号ではなく固定電話番号を利用できるので会社の信頼アップにつながります。
さらに一歩進んだサービスとして秘書機能も提供されています。バーチャルオフィスの専門スタッフがアポを取り次いだり連絡への対応をしてくれたりと優秀な秘書として機能してくれるので業務効率改善に高い効果が期待できます。連絡してきた相手側にバーチャルオフィスの用意した秘書だと気づかれることはなく、優秀な人材を抱えている企業であると印象付ける効果も発生します。さまざまなオプションサービスを利用することでバーチャルオフィスはさらに便利になります。

バーチャルオフィスを利用する時は競合他社の存在を確認

会社登録用の住所を安価に利用できるバーチャルオフィスが話題を集めています。バーチャルオフィスを利用してブランド力のある住所に本社住所を設定することで会社の信頼やイメージは大きくアップします。扱う製品によっては特定の住所がイメージアップに大きな効果を発揮するケースがあります。例えば宝飾品やブランド品ならそれが強い場所、若者向けファッションなら若者向けの街、ビジネスならオフィス街など、そこに会社があるというだけで製品の品質が高いというイメージがうまれ、業務にも大きなプラス効果が期待できます。
ブランド力が高い人気エリアのバーチャルオフィスを利用する際は競合他社が利用していないかどうかを確認する必要があります。例えば若者向け雑貨のビジネスならそういった住所を選ぶことで強力なブランド力として機能します。ブランド力を活用したいと考えるのは自分だけでなくライバルたちも同様で、同じ業種の同業他社が同じバーチャルオフィスを利用して本社住所を設定しているようなことがあると全く別の会社なのに所在地が同じ住所になってしまいます。
同業他社と同じ住所だと系列会社と思われるなどの問題が発生しかねません。余計なトラブルに巻き込まれないためにもブランド力目当てでバーチャルオフィスを探す場合はすでに同業他社が利用していないかどうか先に確認しておきましょう。

HEADLINE

TOP